ミシュランガイド、タイのカバー拡充へ-拡大版ガイドが11月に登場

  • バンコクに加え、プーケットやパンガーのレストランも網羅
  • タイ観光当局は21年までにカバー対象を国全体に広げる目標

ミシュランガイドが紹介するタイの厳選レストランは、現時点ではバンコクに限られているが、年末までに南部の人気観光地のプーケットパンガーもカバー対象に加わることになる。これは訪問客を魅了し続けるための同国の取り組みの一環だ。

  ミシュランのタイ部門によると、拡大版ガイドは11月に発行される予定。タイ政府観光庁のユッタサック総裁はインタビューで、いろんな料理を楽しめるとアピールすることで観光収入増加につながる可能性があると指摘。「美食はタイの強みだ」として、ミシュランとの5年間の合意の下、2021年までにカバー対象を国全体に広げることが目標だとも述べた。

Big Spenders

China is the largest source of a projected $63 billion in foreign tourist revenue

Source: Tourism Ministry

Estimate of 2018 foreign tourism revenue and source countries

バンコクのインド料理店ガガン

撮影:Brent Lewin / Bloomberg

  以前から美食家の楽園だったバンコクの飲食店を格付けした初のバンコク版「ミシュランガイド」は昨年発表された。インド料理店のガガンなど3軒が二つ星を獲得したが、最高の栄誉となる三つ星の評価を得たレストランはなかった。

  ユッタサック総裁によると、ミシュランの覆面調査員が4月からタイ南部で調査を行っているという。

  観光業はタイ経済の20%近くを占めており、来年には訪問者数が同国人口の半分余りに相当する4000万人に達する可能性がある。観光ブームに寄与したのは中国人観光客の急増だが、今ではそれがインフラや環境を圧迫する要因となりつつある。

ミシュランガイドはこの秋、バンコクからプーケットに至るタイの厳選レストランを発表する

(出所:Bloomberg)

原題:Michelin Guide Set to Reveal More Thai Dining Highlights (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE