テスラの返金要請で不安、CDSがデフォルト確率42%示唆

  テスラが一部納入業者に対し、過去に支払った代金の一部返金を要請したことで、デリバティブ(金融派生商品)トレーダーらは同社の債務返済能力を不安視している。5年物のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)で同社債を保証するコストは23日に急上昇し前払いが20.1ポイントと、5年以内のデフォルト(債務不履行)確率42%前後を示唆する水準となった。これは今月の取引開始以降で最高。テスラはCDSについてコメントを控えたが、1-3月(第1四半期)についての届出書では少なくとも12カ月は十分な流動性があるとしている。

原題:$10 Million of Tesla Bonds Now Costs $2 Million to Insure: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE