中国フードデリバリー、「夏の陣」-アリババ餓了麼と美団点評が激突

  • 餓了麼のCEOに就いた王磊氏がインタビューに答えた
  • テンセント出資の美団点評は香港IPOの準備を進める

中国のアリババ・グループ・ホールディング傘下に入ったフードデリバリーの餓了麼は7-9月期に30億元(約490億円)を投じ、競合する美団点評との顧客争奪戦に挑む。

  アリババによる今年の買収後、餓了麼の最高経営責任者(CEO)に就いた王磊氏が香港でのインタビューで明らかにした。中国の出前サービス市場で短・中期的に半分以上のシェアを確保したいとも語った。

  テンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する美団点評は、香港での新規株式公開(IPO)の準備を進める。餓了麼が「夏の陣」と呼ぶ美団点評との対決はすでに始まっている。

原題:Alibaba’s Ele.me Will Spend $443 Million Fighting Meituan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE