自民総裁選、岸田政調会長が立候補見送りを表明-記者会見

更新日時
  • 安倍首相の続投支持を表明、豪雨・北朝鮮など課題に取り組む
  • 岸田派所属議員には一致結束した対応を求める考え

自民党の岸田文雄政調会長

Photographer: Bloomberg/Bloomberg

自民党の岸田文雄政調会長は24日午後、都内の派閥事務所で記者会見し、9月の総裁選への立候補見送りと安倍晋三首相の3選支持を表明した。

  岸田氏は理由について、西日本の豪雨災害への対応や、対北朝鮮外交などの政治課題に安倍首相を中心に進めることが「日本の国の安定にとっても重要だ」と語った。首相には自らの考えを既に伝えたという。派閥所属議員(48人)には一致結束した対応を求めることも明らかにした。

  総裁選を巡り、党内では安倍首相の続投を求める声が上がっているほか、石破茂元幹事長が立候補の準備を進めている。第4派閥を率いる岸田氏の動向は焦点の一つだった。無派閥の野田聖子総務相も意欲を示しているが、立候補には国会議員20人の推薦を確保する必要がある。

  安倍首相は総裁選出馬について正式に表明していない。共同通信によると、首相は同日、自民党本部で行った地方議員との懇談で、今後熟慮して3選について考えていきたいと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE