Photographer: Bloomberg/Bloomberg

アリババ、AI新興企業メグビーの資金調達ラウンドに参加へ

  • メグビーはアリババや博裕資本などから6億ドル以上調達する計画
  • 今回のラウンド終了後、メグビーは2回目の資金調達行う方針

顔認証システム「Face++」を開発した中国の曠視科技(メグビー)は、アリババ・グループ・ホールディングや博裕資本を含む投資家から少なくとも6億ドル(約670億円)を調達する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  メグビーには既に、アリババの馬雲(ジャック・マ)会長率いる螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)や中国最大級のベンチャーファンドなどが出資している。事情が非公開として匿名を条件に語った関係者によれば、メグビーは数週間以内に今回の資金調達ラウンドを終了する見通し。同社はその後、2回目の資金調達を行う方針だという。

  アリババとメグビーはコメントを控えた。博裕資本の代表番号にかけた電話に応答した担当者は同社としてはコメントしないと述べ、電話も転送しなかった。

原題:Alibaba Is Said to Join $600 Million Round for AI Startup Megvii(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE