コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi/

日本市場の揺れで再び注目、TOPIXと日経平均乖離

TOPIXと日経平均、1日当たり変化率の差
Employees work on the trading floor of the Tokyo Stock Exchange in Tokyo, Japan, on Monday, Dec. 24, 2013. Asian stocks rose, with Japan's Nikkei 225 Stock Average topping 16,000 for the first time since 2007, amid optimism U.S. economic growth is accelerating.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/

  日本銀行が過度な金融緩和策の修正に動くとの観測が高まって23日の国内市場が揺れ動いたことで、日本の金融のアノマリーに再び注目が集まった。TOPIXと日経平均株価の1日当たりの変化率の差が約1ポイントと、2015年以来の大きさに拡大した。この差の多くは、両指数の算出方法の違いから生じる。日経平均が225銘柄の平均株価に修正を加えて計算するのに対し、TOPIXは東京証券取引所第1部上場全銘柄の時価総額加重平均。23日に上昇した金融株が指数に占める比率は日経平均が約4.4%、TOPIXは約14.4%となっている。

原題:Japan Turmoil Sparks Largest Topix-Nikkei Gap Since 2015: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE