米ハズブロ株が急伸-4~6月期売上高が市場予想上回る

  • トイザラス清算の影響で減収となったが、ライセンス収入は急増
  • 株価は一時15%高と、2017年2月以来の大幅上昇

米玩具メーカーのハズブロの4-6月(第2四半期)決算では、米玩具小売りトイザラス清算の影響で売上高が3四半期連続の減少となったが、市場予想は上回った。ボードゲーム「モノポリー」といった主力ブランドが堅調だった。これを受けて株価は上昇した。

  23日の発表資料によると、売上高は9億450万ドル(約1007億円)となり、アナリスト予想を上回った。株価は一時15%高と、取引時間中としては2017年2月以来の大幅上昇となった。

  4-6月期はトイザラスが全米の全店舗閉鎖を終了する予定の時期と重なった。ハズブロは昨年トイザラス経由で稼いだ米国の売上高65億ドルを別の手段で確保することを目指した。これまでのところアマゾン・ドット・コムやパーティー・シティー・ホールドコなどがその穴埋めに貢献している。

  4-6月期の売上高を地域別でみると、北米が7%減少。海外の売上高も11%減った。欧州で小売りの過剰在庫解消を図ったほか、同地域でトイザラスを通じた一部の売り上げも失った。一方、分野別ではエンターテインメント・ライセンスが最も好調で、売上高は26%増えた。

  一部項目を除いた1株利益は48セントで、アナリスト予想(29セント)を上回った。

原題:Hasbro Climbs as Investors Shrug Off Collapse of Toys ‘R’ Us(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE