トランプ大統領がワシントン・ポストを攻撃、アマゾンの「高価なロビイスト」

Photographer: Andrew Harrer
Photographer: Andrew Harrer

トランプ米大統領は23日、米紙ワシントン・ポスト(Wポスト)へのツイッター攻撃を再開し、アマゾン・ドット・コム創業者で富豪のジェフ・ベゾス氏が保有する同紙をアマゾンの「高価なロビイスト」だと指摘した。

  トランプ大統領は「2カ月前に米最高裁でインターネット税を巡る問題に敗れて以来、アマゾン・ワシントン・ポストの私への反応は常軌を逸している。次はアマゾンがわずかな実費を払って『配達人』として利用しているUSPS(郵政公社)だ。USPSの配送量に占めるアマゾン分は膨大だ」と述べた。

  大統領はその後すぐに更新し、「私の意見ではワシントン・ポストはアマゾンの高価なロビイストにすぎない(同紙は富を失っている)。多くの人が申し立てるべきだと考えている反トラストの訴えに対する防御策に使われているのだろうか」と投稿した。

原題:Trump Accuses Washington Post of Being ‘Lobbyist for Amazon’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE