クーパーマン氏のオメガ、年末にファミリーオフィスに転換へ

資産家のレオン・クーパーマン氏は、自身が率いるヘッジファンド運用会社オメガ・アドバイザーズを年末にファミリーオフィスに転換する意向を投資家に伝えた。

  クーパーマン氏(75)は顧客に宛てた23日付の書簡で、「この決定は極めて個人的なものだが、健康上の懸念ではなく、私自身が残りの人生をどう過ごしたいかということだけが理由だ」と説明した。

レオン・クーパーマン氏

Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

  オメガ・アドバイザーズ(運用資産38億ドル=約4230億円)は年末に外部資金を全て返還する。クーパーマン氏は23日のインタビューで、運用資産全体の半分強が内部資金だと説明。オメガの主力ファンドの年初来リターンは7%で、「下期に改善させたい」と述べた。

  オメガのウェブサイトによれば、クーパーマン氏は1991年に同社を創業。それまでは25年間にわたりゴールドマン・サックス・グループに勤務した。

原題:Leon Cooperman’s Omega Hedge Fund Converts to Family Office (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE