フィアット・クライスラー、欧州責任者のアルタビラ氏が辞任-関係者

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の欧州事業責任者アルフレード・アルタビラ氏が辞任すると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

アルフレード・アルタビラ氏(左)とセルジオ・マルキオンネ氏

Photographer: Matthew Lloyd/Bloomberg

  アルタビラ氏はセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)の後任として3人の有力候補の1人に挙がっていたが、新CEOには「ジープ」「ラム」ブランド責任者のマイク・マンリー氏が指名されることになった。14年にわたりCEOを務めてきたマルキオンネ氏は健康が急激に悪化し、退任を余儀なくされた。

  アルタビラ氏はマルキオンネ氏の側近でフィアットの古株で、現在は欧州事業を統括している。フィアット・クライスラー広報は今のところコメント要請に応じていない。

原題:Fiat Chrysler’s Altavilla Said to Resign as Head of Europe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE