通貨切り下げ競争通じた元安望まず-米大統領発言巡り中国外務省

  • 人民元の為替レートは市場が決定する-耿報道官
  • トランプ大統領は人民元が「石のように落ちている」と発言

中国は通貨切り下げ競争を通じて輸出を増やしたいとは望んでおらず、国内経済の健全なファンダメンタルズ(基礎的諸条件)が人民元の支えとなっている。トランプ米大統領が人民元の下落基調を問題視したことを受け、中国外務省の耿爽報道官が23日の定例記者会見でこうした認識を示した。

  同大統領の人民元に関するコメントについて問われた耿報道官は「人民元の為替レートは市場が決定する。上昇もすれば下落もする双方向でのフロート制だ」と語った。中国は人民元相場で管理フロート制を採用。中国人民銀行(中央銀行)が毎営業日設定する人民元の対ドル中心レートから上下それぞれ2%が1営業日当たりの許容変動幅となっている。

  トランプ米大統領はCNBCのインタビューで、人民元が「石のように落ちている」と述べた上で、「米国の通貨は上昇している。これにより、われわれが不利な立場に置かれると言わざるを得ない」と主張した。

 

(出所:Bloomberg)

原題:China Says It Has ‘No Desire’ to Devalue Yuan Amid Trade War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE