米ハネウェル:通期の利益見通しを引き上げ、売上高の伸びが加速

  • 米景気回復を背景に、事業全般で「広範な伸び」
  • 7-9月の利益見通し、アナリスト予想を上回る

米ハネウェル・インターナショナルは2018年の利益見通しを引き上げた。原油価格上昇や米国防費の拡大、商用機の持ち直しを背景に、売上高が押し上げられた。

  20日のハネウェル発表によると、通期の利益見通しは1株当たり8.05-8.15ドルと、従来予想の7.85-8.05ドルから引き上げた。通期の売上高見通しは最大436億ドル(約4兆8700億円)。4月時点の予測は435億ドルだった。

  4-6月(第2四半期)の売上高は8.3%増の109億ドルと、アナリスト予想の108億ドルを上回った。為替レートや買収の影響を除いた本業の売上高は6%増。同発表文によると、事業全般で「広範な伸び」が見られた。同社は最大4%増と予想していた。

  通期については、本業の売上高は5-6%増になるとの見通しを示した。従来予想は3-5%増だった。

  4-6月の調整後利益は1株当たり2.12ドル。前年同期は1.80ドルだった。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想は2.01ドル。

  7-9月(第3四半期)の調整後利益は1株当たり1.95-2ドルになるとの見通しを示した。アナリスト予想は1.96だった。

Sales Surge

Honeywell posts strong organic sales growth over the last year

Source: Company reports

原題:Honeywell Raises Profit Outlook as Sales Growth Accelerates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE