バークレイズとドイツ銀元トレーダーに禁錮8年と5年4月-金利操作

  • ビター被告は罰金など330万ポンドの支払いにも同意
  • モリウセフ被告は裁判を回避するためにフランスに滞在

欧州銀行間取引金利(EURIBOR)操作を目的とした共謀の罪で起訴されたバークレイズドイツ銀行の元トレーダーに対し、ロンドンの裁判所は19日、禁錮8年と同5年4月の量刑をそれぞれ言い渡した。

  EURIBOR操作の首謀者と検察が主張したバークレイズの元トレーダー、フィリップ・モリウセフ被告(50)はフランスに滞在し、不在のまま量刑言い渡しが行われた。ドイツ銀の元トレーダー、クリスティアン・ビター被告が3月2日に詐欺罪で有罪を認め、その後収監されたのに対し、モリウセフ被告は裁判を回避するためにロンドンを離れていた。

  両被告は休暇を共に過ごすほど親しい関係にあり、デリバティブ(金融派生商品)の取引を調整することで多額の金を稼いだとされる。

  マイケル・グレッドヒル判事はビター被告への量刑言い渡しの際、「デリバティブトレーディングは賭けの一形態だとよくいわれる。さいころに細工し、あなたはさらに似ていることを示した」と述べた。同被告は罰金など総額330万ポンド(約4億8300万円)の支払いにも同意した。

  モリウセフ被告は、量刑が事件の事実と無関係であり、自らの権利を侵害するものだと電子メールでコメントし、欧州人権裁判所に提訴する考えを明らかにした。

原題:Ex-Traders Bittar, Moryoussef Get Combined 13 Years in Jail (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE