トランプ米政権:自動車燃費基準の緩和案、来週にも公表ー関係者

  • 20年型から26年型まで燃費基準凍結を勧告する内容
  • 新たな問題が持ち上がれば発表時期は変わり得る

トランプ米政権はオバマ前政権の自動車燃費基準を緩和する案を策定しており、早ければ来週発表する計画だと、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  この関係者が匿名で語ったところでは、環境保護局(EPA)と道路交通安全局(NHTSA)の提案は現行規制の緩和で幾つかの選択肢を提示するほか、2020年型から26年型モデルまで燃費基準を凍結することを勧告する内容。

  同関係者によると、NHTSAの提案はまた、1975年の法律がカリフォルニア州の独自の燃費基準設定を禁じていると主張する。カリフォルニア州は数年前から、連邦規制当局と燃費基準の調整を進めていた。

  ホワイトハウスの行政管理予算局(OMB)はEPAとNHTSAの案を5月から検討してきた。同案が来週にも発表され得ることは、E&Eニュースが先に伝えていた。

  ホワイトハウスの検討が必要になる問題が持ち上がった場合は、発表時期は変わる可能性があると同関係者は語った。

原題:Trump Auto Mileage Rollback Plan Is Said to Be Nearing Release(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE