コムキャスト、フォックス資産の取得目指さず-ディズニー勝利へ

更新日時
  • ディズニーはフォックス資産への買収案を前進させることが可能に
  • コムキャストはフォックス資産の価格が高すぎると判断-関係者

米コムキャストは、ウォルト・ディズニーと争っている21世紀フォックスの娯楽資産取得をこれ以上目指さない方針を示した。英有料放送スカイの経営権取得に注力する。

  コムキャストはディズニーと買収合戦を繰り広げる中で、フォックス資産の価格が高すぎるとの結論に達した。事情に詳しい関係者1人が決定プロセスが非公開として匿名を条件に明らかにした。もう一つのハードルは、いかなる買収合意に至っても、フォックスの地方スポーツネットワークを売却するよう規制当局から求められる要件だという。

  このコムキャストの決定により、ディズニーはフォックス娯楽資産に対する713億ドル(約8兆円)規模の買収案を前進させることが可能になる。同資産にはスカイ株39%が含まれる。コムキャストは、フォックスの持ち分も含めスカイに対して約340億ドルの買収案を提示している。ただディズニーにフォックス保有のスカイ株を手放す考えがあるかどうかは不明だ。

  19日のニューヨーク市場でコムキャスト株は2.6%高。フォックスを巡る買収合戦の終了に投資家が安心していることが示唆された。ディズニー株は1.3%上昇し、フォックス株は0.1%下落。

原題:Comcast Drops Out of Bidding War for Fox to Focus on Sky (1)(抜粋)

(2、4段落目に詳細や株価を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE