トランプ氏、対ロシア姿勢説明で二転三転-「最悪の展開の一つ」と側近

  • トランプ大統領はロシアの選挙介入認定に抵抗続けている-関係者
  • 発言の修正連続に「目まいがする」と共和党上院議員

米大統領選へのロシア介入に関するトランプ大統領の姿勢について、ホワイトハウスが説明に苦慮している。トランプ氏はロシアのプーチン大統領に甘すぎるとの一般認識が定着してしまうかもしれないと、政権関係者の一部は懸念する。

  トランプ氏の側近らは、現在の展開が大統領就任以降で最悪の1つだと認識している。関係者の1人によると、トランプ氏はロシアの選挙介入を認めることに抵抗を続けている。認めれば、大統領選の勝利がおとしめられると信じ込んでいるためだという。

トランプ米大統領(17日)

Photographer: Yuri Gripas/Bloomberg

  トランプ氏はヘルシンキで行ったプーチン氏との共同記者会見で、ロシア介入疑惑に関する米当局の結論に疑問を投げ掛けた。その後発言を修正したが、米情報当局の見解と矛盾する新たなコメントを発し、報道官がこの火消しに追われた。

  コリンズ上院議員(共和、メーン州)は18日記者団に対し、「目まいがする」と吐露。ムルコウスキ上院議員(共和、アラスカ州)はトランプ氏のコメントに満足していないとし、プーチン氏に対して、米国の選挙には「関与するな」と言い渡してもらいたいが「それが聞かれない。今も待っている」と述べた。

原題:Trump Struggles to Explain Putin Posture as Zigzag Worries Aides(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE