Photographer: Matthew Busch/

IBMやGMが自動化対応で米政府に助言へ、諮問機関設立

IBMやゼネラル・モーターズ(GM)、ロッキード・マーチンなどの企業は、米国の労働者が直面する自動化の脅威への対応策について政府に助言する。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  これらの企業の代表者は、大統領補佐官のイバンカ・トランプ氏とアコスタ労働長官が率いる委員会への諮問機関を設立する。関係者によれば、フェデックスやホーム・デポも諮問機関への参加が確認されているほか、アップルやブラックロックも参加を検討していた。諮問機関は大統領に直接助言は行わない。

原題:IBM, GM, Lockheed Martin Said to Join Council on Work Automation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE