プーチン氏、元米駐ロ大使の聴取容認をトランプ氏に要請-報道官

  • 首脳会談でプーチン氏は露当局者の取り調べの交換条件として提案
  • トランプ大統領は約束も否定もしなかったとホワイトハウス報道官

トランプ米大統領はプーチン・ロシア大統領から、米国のマクフォール元駐ロシア大使をロシア当局が聴取するのを容認してほしいとの提案を受けた。ホワイトハウスのサンダース報道官が18日、明らかにした。

マイケル・マクフォール元米駐ロ大使

撮影:David Goldman / AP

  トランプ大統領は16日のヘルシンキでのプーチン大統領との会談でこの提案を受けたが、何の約束もしなかったとサンダース報道官は説明した。

  マクフォール元大使の聴取を認めれば、外交官に従来与えられてきた特別な保護措置がないがしろにされる異例の事態になる。

  プーチン大統領はマクフォール元大使と数人の米国人の聴取が認められれば、引き換えに米民主党全国委員会(DNC)のコンピューターネットワークへの不正侵入の罪などで先週起訴されたロシアの情報当局者12人の取り調べにモラー特別検察官が立ち会うことを認めると提案した。

  米国務省のナウアート報道官は18日、記者団に対し、元大使の聴取を認めれば「米国の元外交官らにとって深刻な懸念となるだろう」と発言。ロシアは聴取を望む米国人約11人に関して「全くばかげた」主張をしていると述べたが、ロシアの提案を排除するとは言わなかった。

  オバマ政権の下で駐ロシア大使を務め、現在はスタンフォード大学で教えるマクフォール氏はツイッターへの投稿で「ホワイトハウスがプーチン大統領のこの愚かな要請を明確に非難する」ことを望むと述べた。その上で、ホワイトハウスがそうしなければ、ロシアの情報当局者に対する米国の正当な起訴がプーチン大統領がでっち上げた全くのでたらめと同列に扱われることになると指摘した。

原題:Putin Asked Trump to Question Obama’s Ambassador, Sanders Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE