ポンドが10カ月ぶり安値、6月インフレ率が予想以下ー利上げ観測に水

18日の外国為替市場でポンドが下落。10カ月ぶりの安値を付けた。6月のインフレ率が事前予想に反し前月から横ばいだったことを受け、8月の利上げ見通しに疑問符が付いた。

  6月の消費者物価指数(CPI)上昇率は2.4%と、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想中央値の2.6%を下回った。トレーダーらは8月の利上げ予想を後退させ、市場が織り込む確率は74%と統計発表前の83%から低下した。

  CPI発表後にポンドは一時0.8%安の1.3010ドルと2017年9月以来の安値。対ユーロでは0.3%安の1ユーロ=89.19ペンス。

原題:Pound Slides to a 10-Month Low as Inflation Undershoots Forecast(抜粋)
Pound Extends Decline on Slower-Than-Expected Inflation Data

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE