きょうの国内市況(7月18日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は続伸、米景気楽観と円安追い風に自動車など輸出関連高い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は4営業日連続で上昇。堅調な米国経済と為替のドル高・円安を受けて企業業績への期待が高まった。自動車など輸出関連が上昇をけん引し、情報・通信や不動産など内需セクターも高い。

  TOPIXの終値は前日比6.16ポイント(0.4%)高の1751.21、日経平均株価は96円83銭(0.4%)高の2万2794円19銭。両指数とも4日連続高で、6月7日以来の連騰記録。

  大和証券の壁谷洋和チーフグローバルストラテジストは、「パウエルFRB議長の議会証言で景気が強く、物価上昇ペースも想定内と良好な経済状況が確認された。米国は世界経済の先頭にいるため、波及効果が見込まれる」と述べた。世界的にリスクオンムードが強まる中、「日本株には為替の円安が業績面で相当な追い風となっている」とも指摘した。

  売買代金上位では、セラミックコンデンサに対する海外投資家の注目度が高まっているとみずほ証券が指摘し、村田製作所や太陽誘電が上昇。仮想通貨ビットコインが約1カ月ぶりに7000ドル台に乗せ、SBIホールディングスやマネックスグループも高い。任天堂やJT、コーセーは下落。

  33業種中25業種が上昇。東証1部の売買高は11億4604万株、売買代金は2兆1671億円。値上がり銘柄数は1444、値下がりは579だった。

●債券下落、あすの日銀オペ減額警戒感でー流動性供給入札後も上値重い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は下落。この日の流動性供給入札は順調な結果になったものの、日本銀行が明日実施予定の超長期ゾーン対象の国債買い入れオペを減額するとの警戒感から売り優勢の展開が続いた。

  長期国債先物市場で中心限月9月物は前日比2銭安の150円88銭で取引を始め、流動性供給入札の結果を受けて一時150円90銭まで戻した。引けにかけて150円86銭まで売られ、結局3銭安の150円87銭で終了した。

  SMBC日興証券の竹山聡一金利ストラテジストは、「入札がしっかりした結果になっても相場の重さは変わらず、あすのオペ減額を警戒感している可能性がある。短期的な影響はないと思いながらも、超長期はオペ減額が目先の利益確定売りのチャンスでもある」との見方を示した。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の351回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)高い0.04%で推移した。新発20年物165回債利回りが0.485%、新発30年物59回債利回りは0.68%、新発40年物11回債利回りは0.795%と、それぞれ0.5bp上昇した。

  財務省はこの日、残存期間5年超15.5年以下の既発国債を対象に流動性供給入札を実施した。結果は、投資家需要の強弱を反映する応札倍率が3.95倍と、同ゾーンの前回入札の3.03倍を上回った。平均利回り差はマイナス0.003%だった。

●ドル・円が半年ぶり113円台へ上昇、米景気楽観で年初来高値が視野に

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場ではドル・円相場が約半年ぶりとなる1ドル=113円台へ上昇。前日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言で米景気に対する楽観的な見方が示されたことを受け、ドルが全面高となった。

  午後3時14分現在のドル・円は前日比0.2%高の113円05銭。米株高や米2年債利回りの上昇を背景にドル高が進んだ前日の海外市場の流れを引き継ぎ、午前8時すぎに一時113円08銭と1月9日以来の高値を更新。その後、輸出企業や利益確定のドル売りに伸び悩む場面もあったが、午後には再びドル買い優勢となった。

  外為どっとコム総研の神田卓也調査部長は、「米国一強の流れの中でドルが買われるのはある意味自然」だとし、関税強化による輸入物価押し上げといった米金利上昇要因や米貿易赤字縮小によるドル安圧力減退など「貿易戦争がドル買い要因と捉えられ始めた節もある」と指摘。「いいとこ取りのドル高で、すぐには流れが反転しない」とし、早ければ今日中にもドル・円が年初来高値の113円39銭を試しにいく可能性があると話した。

  ユーロ・ドル相場は前日の海外市場でつけたドル高値を更新し、一時1ユーロ=1.1626ドルまでドル買いが進んだ。ドルは資源国通貨やアジア通貨に対しても上昇。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドルスポット指数は前日に0.4%上昇した後、0.3%高となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE