米TIのクラッチャーCEOが辞任-行動規範に違反

更新日時
  • 前任者のリッチ・テンプルトン会長がCEOに復帰
  • テキサス・インスツルメンツの株価は時間外取引で2.3%下落

米テキサス・インスツルメンツ(TI)は17日、ブライアン・クラッチャー最高経営責任者(CEO)が同社の行動規範に違反したことを理由に辞任したと発表した。クラッチャー氏は2カ月足らず前に就任したばかりだった。

  前任者のリッチ・テンプルトン会長がCEOに復帰する。暫定ベースではないという。

  TIは発表資料で「違反は当社の倫理・中核的価値観と一致しない個人の行動に関連するものであり、会社の戦略や業務、財務報告とは関係ない」とした。詳細は明らかにしなかった。

  TIの株価は時間外取引で一時2.3%下落した。

  同社は来週正式に発表する4-6月(第2四半期)決算について、売上高は40億2000万ドル(約4500億円)と、前年同期比9%増加したことを明らかにした。1株利益は税制優遇の影響(3セント)を含めたベースで1.40ドル。アナリスト予想平均では、1株利益は1.30ドル、売上高は39億7000万ドルと見込まれていた。

  
  

原題:Texas Instruments CEO Crutcher Ousted for Conduct Breach (3)(抜粋)

(4-6月期の業績を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE