Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

トランプ大統領が発言撤回-ロシアが米選挙介入との結論受け入れ

更新日時
  • 選挙に介入したのは「他の人々である可能性もある」-トランプ氏
  • プーチン氏に直接否定できないのは無能、弱腰露呈-シューマー氏
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

トランプ米大統領は17日、ロシアが2016年の米大統領選挙に介入したとする米情報当局の結論を受け入れると述べた。前日ヘルシンキで開かれた米ロ首脳会談後の記者会見での発言に共和党議員から批判が相次ぐ中、大統領は異例ともいえる見解の180度転換を行った。

  トランプ大統領は用意した声明を手にしながらも、16年の選挙に介入したのは「他の人々である可能性もある」とも述べ、疑念をにじませた。

16日のプーチン大統領との記者会見での発言について釈明するトランプ大統領

Source: Bloomberg)

  
  トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、ロシアのプーチン大統領と共に臨んだ前日の記者会見では言葉を間違えたと釈明。ロシアが介入しない理由はないと言いたかったところを、ロシアが介入する理由はないと発言したと説明した。

  16日の記者会見では、ロシアの介入を断定した米当局とこれを否定したプーチン大統領について「双方を信頼している」と同等扱いし、「プーチン大統領は極めて強く否定した」と述べていた。

  トランプ氏が17日に記者団に発言内容を明確化したのは、共同記者会見から24時間以上経過してからだった。会見での発言はすぐに論議を巻き起こしたが、同氏はその後のFOXニュースなどとの2回のインタビューではコメントを取り下げず、大統領専用機内でも発言を修正しなかった。事情に詳しい関係者によると、17日午前の早い時点でも発言撤回には消極的だったが、同日ペンス米副大統領とポンペオ米国務長官がトランプ氏と個人的に会談し、明確化を求めたという。関係者は政権内部の意思決定だとして匿名を条件に話した。  

  17日の発言修正は、ロシアによる選挙介入の結論を認めただけにとどまり、モラー特別検察官によるロシア疑惑捜査への非難は撤回しなかった。また、ロシアのクリミア併合やウクライナ侵攻などを受けて対ロ関係を悪化させた米国の「愚かさ」を批判するコメントも取り消さなかった。

  民主党のシューマー上院院内総務は記者団に電子メールで送付した声明でトランプ氏の釈明について、自身の発言の責任から「逃れようとする」遅きに失した試みだと批判。「プーチン大統領にあなたの見解は間違いで、米国の情報当局の見解が正しいと直接言うことができないのなら無能だ。さらに悪いのは、また弱腰を露呈したことだ」と述べた。

原題:Trump Retreats and Says He Accepts U.S. Finding Russia Meddled(抜粋)

(トランプ氏が釈明することを決めた背景に関する関係者情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE