【NY外為】ドルが上昇、FRB議長の証言好感-円は値下がり

更新日時

17日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。ブルームバーグのドル指数は約1週間で最大の上げとなった。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が議会証言で景気に対する明るい認識をあらためて示し、漸進的な利上げ継続の方針を示したことが背景にある。

  ドルは主要10通貨中、ニュージーランド(NZ)ドルを除く全てに対して値上がり。一方でポンドと円は大きく下げた。パウエル議長は上院銀行委員会で、米労働市場は力強いと述べ、インフレ率を目標付近で維持するために金融当局は「当面」、政策金利の漸進的な引き上げを継続するとの方針を示した。リスク選好が高まったことから、円とスイス・フランは低調な動きとなった。

  ニューヨーク時間午後4時51分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%上昇。ドルはユーロに対して0.4%高の1ユーロ=1.1662ドル。対円では0.5%上げて1ドル=112円85銭。

  ポンドは下落。メイ英首相に対する支持が薄れつつあるとの懸念が広がった。首相は実行可能な欧州連合(EU)離脱計画への支持を得ようと努めている。

  トランプ大統領に対しては、前日行われたロシアのプーチン大統領との共同記者会見での言動を巡り批判が相次いでいた。そうした中、トランプ氏は17日、ロシアが2016年の米大統領選に介入したとする米情報当局の結論を受け入れると述べた。トランプ氏は、前日の発言は言葉を誤ったと弁明。ロシアが介入しない理由はないと言いたかったところを、ロシアが介入する理由はないと発言したと説明した。

  EUのユンケル委員長は来週、貿易問題を巡りトランプ大統領と会談する予定。

欧州時間の取引

  欧州時間にはドルが下落。パウエルFRB議長の議会証言を控えて慎重姿勢が広がった。一方でポンドは上昇。英国の雇用統計で、3-5月の就業者数が過去最多となったことが背景にある。

原題:Dollar Gains Supported by Powell’s Positive Message: Inside G-10(抜粋)
Dollar Slips Ahead of Fed’s Powell, Pound Climbs: Inside G-10

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE