コーエン氏のヘッジファンド、上期に約7%のリターン達成-関係者

資産家スティーブ・コーエン氏のヘッジファンド運営会社ポイント72アセット・マネジメントは、上期に約7%のリターンを達成した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同関係者らによれば、6月のリターンはほぼ横ばいだった。ポイント72の広報担当はコメントを控えた。

スティーブ・コーエン氏

bloomberg

  コーエン氏のヘッジファンドのパフォーマンスは、他のマルチ戦略ファンド会社と同様だ。ブルームバーグが先に報じたところでは、ミレニアム・マネジメントの上期リターンは約6%、カールソン・キャピタルの主力ファンド「ダブル・ブラック・ダイヤモンド」は6.4%。コーエン氏は今年に入り、外部投資家の資金運用を再開した。

  コーエン氏が以前率いていたSACキャピタル・アドバイザーズは、米当局との司法取引で証券詐欺などの罪を認め、18億ドル(約2000億円)を支払うことで合意。コーエン氏は2年間、外部投資家の資金運用を禁じられていた。

原題:Steve Cohen’s Hedge Fund Is Said to Gain About 7% This Year (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE