米国家情報長官:ロシアの干渉疑惑を巡るトランプ大統領発言に反論

  • 米国の民主主義を損なうロシアの取り組み巡り明確な評価示してきた
  • 米国の国家安全保障のため客観的な情報の提供を続ける-コーツ長官

コーツ米国家情報長官は16日、トランプ大統領がロシアのプーチン大統領との共同記者会見で、2016年米大統領選にロシアが干渉したとの米情報当局の調査結果を受け入れなかったことについて反論した。

  コーツ長官は電子メールで配布した声明文で「情報当局の役割は大統領や政策立案者に最良の情報と事実に基づく評価を示すことだ」と指摘。「ロシアによる16年米大統領選への干渉と、米国の民主主義を損なう彼らの継続的かつ広範囲な取り組みに関し、われわれは明確な評価を示してきた。われわれは米国の国家安全保障を支えるためありのままの客観的な情報の提供を続ける」と付け加えた。

  トランプ大統領はヘルシンキでのプーチン大統領との共同記者会見で、コーツ長官を含む「私の部下が私たちに対し、ロシアだろうと思うと報告しに来た」と述べ、「ここにいるプーチン大統領はロシアではないと言った。ロシアだと思う理由は全く見当たらないと言える。私は双方を信頼している」と語った。

  数時間後、トランプ大統領はヘルシンキからワシントンに戻る機内で、コーツ長官が率いる米情報当局に一段と融和的な見解をツイート。「今日も含めて度々述べてきたように、私は米情報当局を大いに信頼している。しかし、より明るい将来を築くには過去にばかり注目することはできないことも私は認識している。世界の二大核保有国であるわれわれはうまくつきあわねばならない」とコメントした。

原題:U.S. Spy Chief Pushes Back on Trump Over Russia’s Election Hack(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE