テスラ株急落、マスクCEOが洞窟探検家を「小児愛者」と罵倒

  • 自身の救出の取り組みを「PR活動」とやゆされてツイートで反撃
  • 16日の米株式市場でテスラは一時4%安を付けた

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は自身への戒めを守れなかった。マスク氏はツイッター上で同氏を中傷する人物とやり合ったことを反省していたが、この週末にも過ちを繰り返し、自分を批判した洞窟探検家を「小児愛者」などと罵倒した。これを受け、16日の米株式市場でテスラは一時4%安を付けた。その後、このツイートは削除された。

  マスク氏はこれまでも度々、自分やテスラを批判する人たちや、同社株をショート(売り持ち)にしている投資家らと激しいやり取りを交わし、問題発言を行ってきた。5月にはアナリストとの電話会議で、「つまらない間抜けな質問」だと罵倒していた。

  今回は、タイの洞窟で少年12人の救出に貢献した英国の探検家バーン・アンスワース氏がCNNとのインタビューで、「子供サイズの潜水艦」を使って少年らを救出しようとしたマスク氏の取り組みを「人目を引くためのPR活動」とやゆしたことを受け、ツイッターで罵倒した。

  マスク氏は今月、ブルームバーグ・ビジネスウィークとのインタビューで、これからはツイッター上でのやり合いを控えると述べていた。

  テスラ株のこの日の終値は2.8%安の310.10ドルだった。

原題:Tesla Falls as Musk Fails to Rein In His Attacks on Twitter (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE