W杯優勝国予測、野村が勝利-ゴールドマンやUBSを抑え

  • フランスの優勝、金融機関6社で正しく予測したのは野村だけ
  • 準決勝の4チーム予想では2チーム以上正しかった銀行はゼロ
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

サッカー・ワールドカップ(W杯)の結果を予測しようと、金融機関が数々のシミュレーションを駆使して分析したが、どれも役に立たなかった。だが、1社だけ例外がある。

  それは野村ホールディングスだ。6社のうち野村だけがフランス優勝を正しく予想した。下馬評の低かったチームの躍進に第1シード国の早期敗退が重なり、準決勝に残る4チームの予測で2チーム以上を正しく言い当てた金融機関はなかった。

  野村は各チームの選手の価値、チーム成績のモメンタム、過去の成績に基づいて予測をはじき出したという。フランス代表は選手の経験が不足していたが、1次リーグで比較的容易なグループに入ったことや選手価値の低いボラティリティー、登録選手の価値が出場国で最も高かったことがマイナス材料を打ち消したと、同社は説明した。

 

Who Gets The Trophy

Banks' forecasts for the top 4 squads in 2018's World Cup

Source: Banks' estimates

All guesses considered were made prior to the beginning of the tournament

  各チームの優勝可能性を算出するに当たり、アナリストはそれぞれ独自の戦略を採用した。ゴールドマン・サックス・グループは20万の統計モデルを駆使し、個々の選手と最近のチーム成績のデータに基づき100万回のシミュレーションを実施。UBSはアナリストと編集者18人のチームを編成し、コンピューターに1万回のシミュレーションをさせた。コメルツ銀行は世界ランキングや過去のW杯成績、地理的な優位性、過去の大会のゴール数も考慮に入れた。ダンスケ銀行は1人当たり国内総生産(GDP)など経済的な変数も数式に組み込んだ。

原題:Nomura Outplays Goldman, UBS in World Cup Winner Predictions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE