7月16日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル下落、貿易巡る対立悪化でリスク選好が後退

  16日のニューヨーク外国為替市場では、薄商いの中でドルが下落。ブルームバーグのドル指数は3営業日連続での低下となった。米国と主要貿易相手国との間の緊張悪化でリスク選好が後退した。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は17日に議会で証言する。

  ドルは主要10通貨のほとんどに対して値下がり。最も上げたのはスウェーデン・クローナとなった。米国は16日、世界貿易機関(WTO)に加盟する5カ国・地域に対する提訴の手続きを開始したと発表。米国が課した鉄鋼・アルミニウム関税に対する報復関税は不当だと主張している。5カ国・地域は中国、欧州連合(EU)、カナダ、メキシコ、トルコ。

  ニューヨーク時間午後4時45分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前営業日比0.2%低下。ドルは対ユーロでは0.2%下げて1ユーロ=1.1711ドル。対円では0.1%安の1ドル=112円29銭。

  米財務省のマルパス次官(国際問題担当)は、米国と欧州の関係は重要だが危機に直面しているとの認識を示した。また国際通貨基金(IMF)は、金融市場は貿易問題を巡るリスクの高まりに油断しているようだと指摘した。

  朝方発表された米経済指標は強弱まちまちな内容。7月のニューヨーク連銀製造業景況指数は22.6と、前月の25から低下。6月の米小売売上高は前月比0.5%増で市場予想と一致。ただコア売上高は変わらずとなり、市場予想を下回った。

欧州時間の取引

  ドルは軟調。米小売売上高が前月から減速すると予想されていたことも背景にある。ただ米ロ首脳会談などを控えて値動きは限定的だった。
原題:Dollar Eases for Third Day as Traders Await Powell: Inside G-10(抜粋)
Dollar Slips Before Retail Data, Fed’s Powell Eyed: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:S&Pが小反落、ハイテク軟調-原油急落

  16日の米株式市場ではS&P500種株価指数が小反落。貿易摩擦を意識しつつ企業決算の評価が進められる中、テクノロジー株の下げが目立った。米国債は長期債を中心に下落した。

  • 米国株はS&P500が小反落、ハイテク株振るわず-ダウは小幅高
  • 米国債は下落、長期債中心に-10年債利回り2.85%
  • NY原油は大幅反落、サウジや米の供給増えるとの見方で
  • NY金は続落、年初来安値の1オンス=1239.70ドルで終了

  テスラやハズブロ、ディッシュ・ネットワークの下げが響き、ナスダック100指数は3営業日ぶりに低下。エネルギー株の下げがバンク・オブ・アメリカなど銀行株の上昇分を消す展開の中、S&P500種は節目の2800ポイント近辺で推移した。

  S&P500種株価指数は前週末比0.1%安の2798.43。ダウ工業株30種平均は44.95ドル(0.2%)高の25064.36ドル。ニューヨーク時間午後4時40分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.85%。   

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は大幅反落。サウジアラビアが一部アジア諸国に対し、契約内容を超える追加の原油供給を提案しているとの関係者談が報じられた。トランプ米政権が戦略石油備蓄の取り崩しを検討していると前週末伝わったことも相場を圧迫した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は2.95ドル(4.2%)安の1バレル=68.06ドル。ロンドンICEの北海ブレント9月限は3.49ドル安の71.84ドル。

  ニューヨーク金先物相場は続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.1%安の1オンス=1239.70ドルと、年初来安値で終了。

  米国債は幅広い年限において下落。ただ、米国株および原油相場の下落を受けて後半には下げ幅を縮めた。5年債と30年債の利回り差は拡大した。
原題:Tech Stocks Decline; Treasuries, Dollar Slump: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Bear Steepen, Pare Losses Late After Stocks, Oil Drop
Oil Drops Amid Signs of Mounting Supply From Arabia to U.S.
Traders Exit Gold ETFs as Dollar Leaves Metal ‘by the Wayside’

◎欧州債:フランス債など下落、堅調な米経済指標で米国債につれ安

  16日の欧州債市場は、フランス債をはじめ欧州国債が下落。午後になって米国で堅調な経済指標が発表され、薄商いの中を米国債に連動して下げた。2年債と10年債の利回り格差は拡大。今週は利払いや償還の予定がない一方で、発行が約180億ユーロに上るため、ユーロ圏国債にとって需給は支援材料にならない。

  今週はドイツが2年債を30億ユーロ、30年債を10億ユーロ発行するほか、フランスは3年債、5年債、物価連動債などで計65億-75億ユーロ、スペインは5年債、8年債、10年債、15年債などで計40億-45億ユーロを調達する見込み。

  7月27日にはスペイン10年債でおよそ210億ユーロの大規模な償還が予定されている。

  米30年債利回りは2.97%を超え、価格は今月5日以来の安値。
原題:France Leads EGB Drop in Low Volumes; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為、米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE