トランプ大統領、EUは米国の「敵」-貿易面で「われわれを利用」

  • 欧州の民主主義国家に対する態度の硬化をあらわに
  • 米と欧州が敵というのは「フェイクニュース」-トゥスクEU大統領

トランプ大統領

Photographer: THIERRY CHARLIER/AFP

トランプ米大統領は、15日に放送されたインタビューで欧州連合(EU)を米国の「敵」と呼んだ。米国にとって最も友好的かつ重要な同盟国の一角と長年考えられていた欧州の民主主義国家に対し、大統領は態度を硬化させている。

  トランプ氏はこの数日間、北大西洋条約機構(NATO)加盟国に国防費拡大を強く迫ったほか、ロシアから欧州へ天然ガスを運ぶ新たなパイプライン建設計画を巡ってドイツのメルケル首相を非難。さらに、メイ英首相の穏健なEU離脱方針を批判し、同首相が自分の助言に耳を貸さなかったと発言していた。

トランプ大統領(中央、7月11日のNATO首脳会議で)

写真家:Marlene Awaad / Bloomberg

  トランプ大統領はCBSの番組「フェース・ザ・ネーション」向けに14日収録されたインタビューで、米国にとって「世界で最大の敵」は誰かとの質問に対し、最初にEUを挙げ、その後「われわれには敵が多い」と付け加えた。

  トランプ氏は「貿易でわれわれに対して行っていることを踏まえると、EUは敵だと思う。EUについて、あなたはそう思わないかもしれないが、彼らは敵だ」と語った。ロシアについては「ある点では敵だ」とし、中国は「経済上の敵だ」とした。

  EUを敵と呼んだ理由について、トランプ氏は「私はこれらの国が大好きだ」が、「貿易面でわれわれを利用し、その多くはNATO加盟国だが応分の負担をしていない」と説明した。

  トランプ氏の発言について、EUのトゥスク大統領はツイッターで、「米国とEUは最良の友だ。われわれが敵だという人はフェイクニュースを広めている」とコメントした。

原題:Trump Calls European Union a U.S. Foe, Citing Trade Tensions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE