トランプ政権、戦略石油備蓄の取り崩しを検討

Photographer: Luke Sharrett /  Bloomberg

Photographer: Luke Sharrett /  Bloomberg

トランプ米政権は11月の中間選挙を前にガソリン価格上昇を抑えることを狙い、戦略石油備蓄(SPR)の取り崩しを積極的に検討していると、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  協議は非公開だとして匿名を条件に語ったこれら関係者によれば、6億6000万バレルに上るSPRを取り崩す決定はまだだが、500万バレルの試験的売却や3000万バレルの放出などの選択肢が検討されている。他国との協調をによりさらに大幅な放出を行う可能性もあるという。

  全米自動車協会(AAA)のデータによれば、無鉛レギュラーガソリンの平均価格は13日に1ガロン=2.89ドルと、前年のこの時期の水準を28%上回った。AAAによると、ガソリン全米平均価格はレーバーデー(9月第1月曜日)にかけて2.85-3.05ドルのレンジで推移する見通し。

  トランプ米大統領は今月4日のツイートで、石油輸出国機構(OPEC)はガソリンコストの引き下げに「ほとんど役に立っておらず」、「それどころか、価格を押し上げている。米国が多くの加盟国をほとんど無償で守っているのにだ。互恵的な関係にする必要がある。価格をすぐに引き下げろ!」と述べた。

  米エネルギー省はコメントを控えた。ホワイトハウスはコメントの要請に今のところ応じていない。

原題:Trump Said to Mull Tapping Oil Reserve as Pump Prices Near $3(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE