トルコ・リラ、週間で約10年ぶりの大幅安へ-国債と株式も強烈な下げ

  • リラは週間で6%安、2008年10月以来の下げ幅
  • 10年国債利回りは約100bp上昇、株価指数は8%安
Photographer: Kostas Tsironis/Bloomberg

トルコ資産の投資家は、今週がやっと終わりに近づいたと感じていることだろう。

  12日にドルに対して過去最安値を付けたトルコ・リラは、週間の下落率がほぼ10年ぶりの大きさとなる見込み。世界の主要通貨では最大の下げだ。トルコ株式市場の代表的な株価指数イスタンブール100種指数は2016年のクーデター未遂事件以来の大幅安で、予想株価収益率(PER)は9年余りで最低となった。トルコ国債の10年物利回りは今週だけでおよそ100ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇した。

  国営アナドル通信によると、エルドアン大統領の娘婿で新たに財務相に起用されたベラト・アルバイラク氏は、中央銀行の独立性と政策決定メカニズムを巡る臆測は「容認できない」と述べ、政策担当者は市場の状況に応じて必要なあらゆる措置をとるだろうと言明した。

  だがラボバンクの新興市場担当ストラテジスト、ピョートル・マティス氏は、投資家を落ち着かせようとしたアルバイラク氏の建設的な発言にもかかわらず、「型破りな経済政策に対する懸念が支配的で、投資家の信頼感は依然低い」と指摘した。

  トルコ・リラはイスタンブール時間13日午前11時58分時点で前日比ほぼ変わらずの1ドル=4.855リラ。週間では約6%安で、下落率は2008年10月以来の大きさ。13日の市場でイスタンブール100種指数は上昇しているが、それでも前週末比で8%余りの下落。

原題:Lira Heads for Steepest Drop in Almost 10 Years in Week of Drama(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE