シニア層の悩み、体の衰えだけじゃない-高めのインフレ率も負担

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

高齢者を悩ませるのは体の衰えだけではない。米国の62歳以上を対象にした消費者物価指数(CPIーE)は、過去35年間にわたり一般的なCPIより速いペースで上昇しており、インフレがシニア層に一段の痛みをもたらすことが分かる。

  米政府が試験的に集計しているCPIーEは高齢者にとって重要な項目に重みを置く。例えば医療サービスのウエートは約9.2%と、一般的なCPIの6.7%より高めだ。ただ今年6月の前年同月比での上昇率を比べると、CPI-Eは2.8%、一般的なCPIは2.9%と、シニア層を対象としたインフレ率の方が低かった。

Cost of Aging

Relative market basket of goods costs seniors more

Source: Bureau of Labor Statistics

1982-84=100 | CPI-E for consumers aged 62 and older

原題:U.S. Inflation Larger Burden for Seniors: Demographic Trends(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE