バウポストのクラーマン氏勝利へ-スカイ買収合戦の結果は関係なし

  • バウポストはスカイの2位株主、約1800億円相当の株式を保有
  • クラーマン氏は大半のスカイ株を2017年により安い価格で取得

英有料放送スカイを巡る買収合戦を誰が制するとしても、著名ヘッジファンド投資家セス・クラーマン氏が結局は勝者となりそうだ。

  ブルームバーグの集計データによると、クラーマン氏率いる米ヘッジファンド運営会社バウポスト・グループはスカイの2位株主で、12億ポンド(約1800億円)相当の株式を保有。スカイ株は今年に入り50%余り上げている。同社を巡りルパート・マードック氏率いる米21世紀フォックスと米コムキャストの買収合戦がエスカレートする中、12日のロンドン市場でも株価は上昇した。

  バウポストはスカイ株の大半を2017年後半に取得。この時期の株価は平均で9.5ポンド前後だった。現在の株価は15ポンド余りで、バウポストの保有株が7880万株だと仮定すれば、同社の投資利益は最大6億ドル(約680億円)となる可能性がある。

  バウポストの広報担当は社の方針を理由に、コメントを控えている。

原題:Baupost’s Klarman Set to Win No Matter Who Prevails in Sky Fight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE