NY原油価格、最高値到達から10年の記念日に大幅下落

  • WTI原油価格は2008年7月に付けたピークの半値を下回る
  • 原油市場では依然として景気懸念が供給減少と綱引き

ニューヨーク市場の原油価格が過去最高値を記録してからちょうど10年目の7月11日、相場は大幅下落となった。

  2008年7月11日、ブラジルやナイジェリアからの供給が落ち込む中、イスラエルがイランの核開発プログラムを攻撃する準備をしているとの懸念を背景に、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油価格は1バレル=147.27ドルに達した。消費者信頼感指数が1980年以来の低水準となるなど景気への懸念も広がっていたが、供給懸念が上回った形だ。当時、ドル相場はユーロに対し、過去最安値近辺で推移していた。

  10年後の今年7月11日は、全く逆の状況となった。景気への不安が供給懸念を上回った。リビアの原油輸出が増加する中で、米中貿易摩擦の激化により世界の経済成長が脅かされるとの見方が強まり、WTIは前日比5%下げ、70ドルをわずかに上回る水準にとどまった。米国の原油在庫がここ2年で最大の落ち込みを示したことや、米国の制裁下にあるベネズエラとイランからの原油供給が減少するとの予想はさほど材料視されなかった。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は08年の水準を30%上回っている。
  
原題:Oil Celebrates 10th Anniversary of Record High With Huge Plunge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE