シルバーレーク幹部、ブロードコム取締役辞任ーCA買収合意の当日

米半導体メーカー、ブロードコムの取締役を務めていたケン・ハオ氏は、CAテクノロジーズ買収で合意した当日にブロードコム取締役を辞任していたことが分かった。ハオ氏は米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社のシルバーレーク・マネジメントのマネジングパートナーでもあり、ブロードコムの過去の買収にも尽力してきた。

  12日付の届け出によれば、ハオ氏は「今後生じる可能性のある一切の利害の対立をあらかじめ回避するために」辞任するもので、同氏とブロードコムの対立ではない。ブロードコムは11日、CAテクノロジーズを現金190億ドル(約2兆1300億円)で買収することで合意した。

原題:Silver Lake Partner Leaves Broadcom Board on Day of CA Tech Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE