北朝鮮の金委員長、トランプ氏を書簡で称賛-米朝首脳会談後

更新日時
  • シンガポールでの首脳会談は「重要な旅への出発」-金委員長
  • 書簡が書かれたのは米国務長官による先週の訪朝前のもよう

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はトランプ米大統領に宛てた6日付の書簡で、同大統領を称賛した。両国の関係を改善する上でトランプ大統領が「精力的で並外れた努力」をしたとし、それが両国の「新しい未来」を築くのに寄与するだろうとしている。

  トランプ大統領がツイッター上で英訳と共に書簡を12日に公開した。金委員長の書簡には、「24日前にシンガポールで行った大統領閣下との意義ある初会談と、共に署名した共同声明は紛れもなく重要な旅への出発だった」と記されている。

  書簡の日付から1週間もたっていないが、米朝協議の現在の状況ははっきりしない。日付はポンペオ米国務長官による先週後半の訪朝前に書簡が書かれたことを示唆。同長官は朝鮮半島の非核化計画を巡り北朝鮮との合意に至らなかった。

  ポンペオ長官が平壌訪問を終えた後、北朝鮮の国営メディアは米国が「一方的で強盗のような」要求を突き付けたと非難。ただ、北朝鮮はトランプ大統領に引き続き信頼を置いているとも表明した。

原題:North Korea’s Kim Praises Trump in Letter After Singapore Summit(抜粋)

(3段落目以降に背景を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE