トランプ大統領はハーレーに雇用を国外に移転しないよう要請

Photographer: Scott Eells / Bloomberg

トランプ米大統領は、二輪車メーカー、米ハーレーダビッドソンが欧州連合(EU)による報復関税の影響で一部生産を米国外に移す意向を表明したことを受け、同社に接触していた。ムニューシン米財務長官が下院金融委員会での証言で明らかにした。

  公聴会でのウォーターズ民主党議員の質問に対しムニューシン長官は、欧州による報復関税の発表前にハーレーは一部生産の海外移転を計画していたとの「感触」を受けたと述べた。ただ同長官はハーレー側と直接話していない。

  ウォーターズ議員は大統領がハーレーに米国内の雇用を維持するよう要請していたのか、また同社は大統領の要請を退けていたのかどうかを質問し、ムニューシン長官は「違う」と答え、「大統領は発表後に同社に要請した。現在の状況は分からない」と述べた。その上で、ハーレーに問い合わせてみると証言した。

原題:Mnuchin Says Trump Asked Harley-Davidson Not to Move Jobs Abroad(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE