米テスラは「中核事業に専念」を-大株主ベイリーGのアンダーソン氏

  • ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで発言
  • マスク氏やテスラの具体的な問題についてはコメントせず

イーロン・マスク氏率いる電気自動車(EV)メーカー、米テスラの株主4位、ベイリー・ギフォードは11日、落ち着いて仕事に取り組み、業績に集中するようテスラに促した。

  ベイリーのパートナー兼ポートフォリオマネジャー、ジェームズ・アンダーソン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、テスラを「とても支援しているが、現段階では平和と実行を期待している」と述べた。

  同氏はその上で、「ただ中核事業に専念すれば良い」とテスラに求めたが、マスク氏や同社の具体的な問題についてはコメントしなかった。

  

原題:Tesla Should Focus on Core Task, Execution, Major Investor Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE