ウィリアムズNY連銀総裁:低失業率が職業訓練を促進している

米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、欠員補充が難しくなっている企業が地域団体と提携し、職業訓練プログラムを提供する取り組みを強化し始めていると指摘した。

  ウィリアムズ総裁は11日、ニューヨークのブルックリンで開催されたタウンホールのイベントで、「好景気を背景に人々がそうしたネットワークを再構築するような状況が今起きている」とコメントした。

  コンピューターサイエンスの準学士号を取得できる6年間のプログラムを提供する単科大学などを同日先に視察したウィリアムズ総裁は「労働者への需要は旺盛だ」と述べ、「一方で、米経済には労働力人口から外れた人々という大きな潜在的可能性がある」と語った。

原題:Fed’s Williams Says Low Unemployment Spurring More Job Training(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE