コムキャスト:スカイへの買収提示額引き上げ-フォックス上回る

更新日時
  • コムキャストの提示額はフォックス側を5.4%上回る
  • スカイの社外取締役はコムキャストの新たな提案を支持

米コムキャストは11日、英有料放送スカイへの買収提示額を引き上げた。提示額はルパート・マードック氏率いる米21世紀フォックスが同日先に示した水準を上回り、メディア大手による買収合戦がエスカレートしている。

  11日の発表資料によると、コムキャストはスカイ株1株当たり14.75ポンドを提案。これに基づくスカイの評価額は260億ポンド(約3兆8500億円)となる。既にスカイ株を一部保有し、未保有分の取得で同14ポンドを提示したフォックス側の案を5.4%上回った。

  今回の動きで、ウォルト・ディズニーも巻き込んだ国際的な買収合戦は新たな局面を迎えた。コムキャストとディズニーはともにフォックスの娯楽資産取得を争っており、その結果がスカイの買収合戦を左右する。先に1株12.50ポンドを提示していたコムキャストは条件引き上げについて、スカイの社外取締役の支持を得たほか、資金調達を手配したと説明した。

  現時点でフォックスは、保有するスカイ株39%を含め同社の娯楽資産をディズニーに売却する合意を締結済みで、フォックスの株主は27日に予定される総会で投票の予定。

原題:Comcast Boosts Sky Bid to $34 Billion, Topping Murdoch Offer (2)(抜粋)

(2段落目以降に詳細や背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE