コンテンツにスキップする
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

ビットコイン取引の中心、中国から日本に移動-中国当局の統制強化で

  • ビットコイン取引に占める人民元建ての比率、1%割れ-新華社
  • いまや取引に最も使用される通貨は円、全体の44%余りに
Bitcoins sit among twisted copper wiring inside a communications room at an office in this arranged photograph in London, U.K., on Tuesday, Sept. 5, 2017. Bitcoin steadied after its biggest drop since June as investors and speculators reappraised the outlook for initial coin offerings.
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

中国の仮想通貨取り締まりは成功した様子だ。

  中国国営の新華社通信が中国人民銀行(中央銀行)の情報として報じたところによると、世界で取引されるビットコインのうち、人民元建ての比率が1%を割り込んだ。同国政府が昨年、国内を拠点とする複数の仮想通貨交換業者を閉鎖する以前には、ビットコイン取引の半分以上が人民元建てだった。

  仮想通貨取引のハブとして中国に取って代わりつつあるのは、免許制度を昨年導入した日本だ。クリプトコンペア・ドット・コムによると、現在ではビットコイン取引の44%余りを円建てが占めている。

Bitcoin Trading Volume by Currency

Japanese Yen leads in trading volume

Source; CryptoCompare.com

原題:China Shifts to Bitcoin Wasteland From Epicenter After Clampdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE