Photographer: Ty Wright

トランプ氏の対中追加関税、エビやジュースも対象-中国の関税に報復

  • 中国、2017年に77億ドルの農産品を米国に輸出-人民日報統計
  • 中国のエビ、リンゴジュースは米国が最大の輸出先
Photographer: Ty Wright

中国が実施した米国への報復関税で狙い撃ちされたのは、大豆やコーリャン(ソルガム)などだった。米国が今回明らかにした2000億ドル(約22兆2000億円)規模の対中追加関税リストには農産品や作物が含まれ、中国の措置に仕返しした。

  米国の消費者にとって影響が大きそうなのは、ジュースと海産物だ。

  中国共産党機関誌、人民日報が掲載した通関統計によると、2017年に中国は米国に77億ドルの農産品を輸出。リンゴジュースは米国が最大の輸出先で、輸出額は2億7700万ドルに上った。中国商務省のデータでは、エビ・エビ製品の輸出額も16年で4億6900万ドルと大きかった。

  中国は世界最大の農産品輸入国だが、今月6日から米国の農産品と自動車合わせて340億ドル相当に関税を導入した。

  米国の新たな追加関税で打撃を受けそうな中国企業は、中国匯源果汁、海升果汁、国投中魯果汁など。

原題:Trump Takes Aim at China’s Food Exports From Shrimps to Juice(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE