マレーシア中銀、政策金利を3.25%に据え置き-予想通り

  • ブルームバーグの調査では19人全員が据え置きを予想
  • マハティール政権が改革を進める中で景気を支援する決定

マレーシア中央銀行は11日、政策金利の据え置きを発表した。中銀総裁交代後で初の政策会合となったが、マハティール政権が改革を進める中で景気を支援する決定を下した。

  中銀声明によれば、翌日物の政策金利は3.25%で変わらず。ブルームバーグのエコノミスト調査では19人全員が据え置きを予想していた。

原題:Malaysia Keeps Interest Rate Steady to Support Economic Overhaul(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE