コンテンツにスキップする
Photographer: AFP/AFP

米国に必須のレアアースも対象-トランプ政権の新たな対中関税リスト

  • 世界的な不足で価格が急騰した際、米は日欧とWTOに提訴
  • 中国は昨年、世界のレアアースの約80%を生産
This photo taken on November 15, 2010 shows people working at a coal mine in Huo Lin Guo Le, China's north Inner Mongolia region. China appeared November 19 to soften its stance on a sticking point in UN climate change negotiations, the issue of verifying developing countries' emissions reductions. Beijing does not "believe that increasing transparency will be a problem," at global talks opening later this month in Mexico, said Huang Huikang, the Chinese foreign ministry's representative at the talks. AFP PHOTO / Gou Yige (Photo credit should read GOU YIGE/AFP/Getty Images)
Photographer: AFP/AFP

トランプ米政権が公表した中国からの輸入品2000億ドル(約22兆2000億円)相当への新たな関税対象リストには、異彩を放つ品目が含まれている。レアアース(希土類)だ。

  ハイブリッド車や風力タービン、軍事用ハードウエアなどに使われるレアアースは、供給者としての中国の立場があまりに強く、世界的な品不足で価格が急騰した際に米国は日欧と世界貿易機関(WTO) に中国を提訴し、輸出を増やすよう訴えたほどだ。

China Dependent

  

  

  米地質調査所(USGS)によると、中国は世界のレアアースの80%余りを昨年生産。世界の埋蔵量の37%前後を保有する同国は、米国の輸入分の78%を供給した。  

原題:Trump’s Tariff List Targets High-Tech Minerals That U.S. Needs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE