Photographer: David Paul Morris

ウオーターフロントでの暮らし、魅力薄れる-プレミアム低下

  • 不動産情報のジローが10日、リポートを公表
  • ウオーターフロント以外の住宅市場は「本当に強く、値上がりも急」
Photographer: David Paul Morris

米国でのウオーターフロントでの暮らしは、以前ほど魅力的でなくなっている。どこであれ住宅価格が高くなっているということであろうか。

  海辺・水辺の住宅は1-3月期の価格プレミアムが36%。2012年4-6月期の54%がピークだった。1996年からの平均(41%)も下回った。不動産情報のジローが10日公表したリポートで分かった。

  

Sand Dollars

Inland waterfront houses have historically commanded high premiums

Source: Zillow

  プレミアム感が薄れた理由として「破壊的なハリケーンや気候変動、人々の好みの変化、つまり住宅バブルの崩壊以降にウオーターフロント以外の住宅が大きく持ち直している」ことだとジローは説明した。ウオーターフロント住宅はバブル崩壊時もほぼ価格を維持していたが、それ以外の住宅のようにリセッション(景気後退)前の高値には戻ってはいない。

  ジローのエコノミスト、サラ・ミキタリアン氏はインタビューで、広大な太平洋に面した住宅ならまだしも、そうでなければプレミアムを維持できないだろうと予想した上で、ウオーターフロント以外の住宅市場は「本当に強く、値上がりも急だ」と述べた。

Swimming in Risk

Coastal hot spots have a lot to lose in view of rising sea levels

Source: Union of Concerned Scientists

Note: Based on highest sea-level rise estimate from National Climate Assessment

原題:What Would You Pay to Live by the Water? The Premium Is Falling(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE