ヘッジファンド伝説の絶版本、27万円がキンドルで千円-海賊版の疑い

  • キンドル版「マージン・オブ・セーフティー」は著者に無断で出版か
  • 著者クラーマン氏の会社は、法律専門家チームが対応すると発表

バリュー投資家として知られるセス・クラーマン氏

Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

バリュー投資家として知られるセス・クラーマン氏が1991年に出版し、絶版となっていたはずの「マージン・オブ・セーフティー(原題)」が、アマゾン・ドット・コムの電子書籍端末「キンドル」のストアで売られていたことについて、クラーマン氏が最高経営責任者(CEO)を務める米ヘッジファンド運営会社バウポスト・グループは、著者に無断で出版されたものであり、同氏の法律専門家チームが対応すると発表した。

  バウポストは10日の発表資料で、ヘッジファンド業界のレジェンドであるクラーマン氏は、いかなる形態でも再出版を許可しておらず、アマゾンで販売されていたバージョンは著作権違反だと主張した。キンドルバージョンは今月に入ってオンラインストアに登場し、9.99ドル(約1100円)で売られていた。米東部時間10日午前11時31分時点で、アマゾンではもはや同書を入手できない。

  アマゾンの広報担当者は電子メールで配布した資料で、「この本は削除された。アマゾンは他者の知的財産権を尊重し、著作権違反を非常に重大に受け止める」とコメントした。

  「マージン・オブ・セーフティー」の実物は、収集家の間で最高2500ドル(約27万7000円)の値が付き、アナリストの間でコピー版が出回っていたことも知られていた。

  オンラインで書籍の無料ダウンロードを提供する「Oceanofpdf.com」と出版との関わりをキンドルバージョンは示唆しているように思われる。ウェブサイトの問い合わせ先に名前が掲載されているニコラス・リアム氏に電子メールを送ったが、これまでのところ返答はない。

原題:Baupost Says Amazon Version of Klarman Book Was Unauthorized (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE