ブラックストーン、次期ファンドで200億ドル強の調達目指す-関係者

  • 同社で8番目となる買収ファンドのマーケティングを年内に開始
  • PE投資業界の手元資金は過去最高となる1兆ドルを超える

米投資会社ブラックストーン・グループは次のグローバルなプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資ファンドの資金調達を開始する計画だ。前回のファンドで約180億ドル(約2兆円)を集めてから3年を経て実施する。

  事情に詳しい複数の関係者が匿名で語ったところによると、ブラックストーンは同社にとって8番目となる買収ファンドのマーケティングを年内に開始し、200億ドル余りの調達を目指す。当局への提出資料によると、前回のファンドは3月末時点で資金の3分の1が投資されていない。

  ブラックストーンは投資家がPE投資に積極的になる中で市場に短期間で戻ってきている。ただ、調査会社プレキンによると、ディールの規模が過去最高を更新しており、PE投資業界は過去最高となる1兆ドル強の手元資金の使い道について試練に直面している。

  ブラックストーンの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Blackstone Is Said to Seek More Than $20 Billion for Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE