Photographer: Akos Stiller/

クレディ・スイスがバンカー解雇、不適切な行為巡る内部調査後

  • M&Aグループ幹部だったデクスター氏が退社-広報担当者
  • 調査で不適切な行為に関する過去の複数の事例が発覚-関係者
Photographer: Akos Stiller/

クレディ・スイス・グループの広報担当カリーナ・バーン氏(ニューヨーク在勤)はシニアバンカー、ポール・デクスター氏が同行を去ったことを明らかにした。この件で説明を受けた関係者1人が匿名を条件に語ったところによると、インターンへの不適切な行為を巡る内部調査で過去の複数の事例が発覚したことを受け、同行は合併・買収(M&A)グループのマネジングディレクターだったデクスター氏を解雇した。

  バーン氏は「当行には従業員が問題行為に対して苦情を上に報告するためのしっかりとしたポリシーとチャンネルがあり、全ての従業員に報告を促している」とした上で、「苦情が出れば、徹底的に調査し、結果には適切に対応する」と述べた。

  クレディ・スイスは先週、調査は終了しつつあり「重大な嫌疑は立証されなかった」と説明し、デクスター氏の名前は明示しなかったものの処分はないとの見通しを示した。こうした発言が今回の件での同行の対応に不満を持っていた一部スタッフを一段と怒らせたと、調査に詳しい複数の関係者は語った。デクスター氏とはこれまでのところ連絡が取れていない。

  この問題は、金融業界向け情報サイト、ディールブレーカーの先月の報道が発端だった。

原題:Credit Suisse Is Said to Dismiss Banker After Intern Inquiry (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE