スイス検察、1MDB汚職疑惑でスイス2行と6人を捜査-検事総長

  • ファルコン・プライベート・バンクとBSIが関与した疑い
  • スイス、マレーシアの検察トップが10日に会談

スイス検察当局は、マレーシア政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を舞台にした汚職事件への関与が疑われる6人を現時点で捜査している。この関連ではマレーシア検察当局が先週、ナジブ前首相を背任罪で起訴した。

  スイスのミヒャエル・ラウバー検事総長は10日、マレーシアのトミー・トーマス司法長官と会談後に同国のプトラジャヤで記者団に対し、スイスのファルコン・プライベート・バンクBSIの2銀行が関与した疑いもあると述べた。

  スイス当局はシンガポールや米国の当局と協力し、1MDBを通じ割り当てられた巨額の経済開発資金が流用され、スイスの銀行の個人口座に至った経緯を調べている。ラウバー検事総長はマレーシアの過去の政権について、協力の意思がないとして公に批判していた。

  検事総長が今回名前を挙げた2行はすでに不正への関与が取りざたされ、処罰も受けている。両行は2016年、違法な資金の授受に便宜を図ったとしてシンガポール部門の閉鎖を命じられ、BSIは昨年「明白な警告」を無視したとして9500万スイス・フラン(約106億3000万円)の罰金を科された。アブダビの投資家が保有するファルコンに対しては、スイス検察当局の刑事捜査が続いている。

原題:Swiss Say 1MDB Probe Targeting Six People, Two Banks (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE