Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

新規仮想通貨公開、資金調達した新興企業の半数以上が4カ月内に消滅

  • ボストン大の研究者2人が5月前に完了のICO2390件調査で判明
  • ICOに参加した投資家は初日に売るのが最も安全-コストベツキー
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

新規仮想通貨公開(ICO)によって資金を調達した新興企業の56%が4カ月以内に廃業に追い込まれる。ボストン大学がこうした新興企業からのツイートの頻度から存続を調査した結果分かった。

   研究者らによると、ICO完了から120日後に存続している割合は44.2%だった。ヒューゴ・ベネデッティ、レオナルド・コストベツキー両氏が5月前に完了したICO2390件を調査した。

  従って、ICOに参加した投資家は初日に売るのが最も安全な戦略で、少なくとも6カ月以内に売るべきだという。「調査で分かったのは、3カ月、最長でも6カ月を過ぎるとICOの通貨は他の仮想通貨のパフォーマンスを下回るということだ。最高のリターンが得られるのは最初の1カ月だ」とコストベツキー氏が電話インタビューで述べた。

ICO Funding by Month

In billions of dollars

Source: CoinSchedule

原題:Half of ICOs Die Within Four Months After Token Sales Finalized(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE